金融ビジネス最前線〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2020年03月06日 17時05分 公開

ロボアドTHEOが最低投資金額引き上げ 他社同等の10万円に

一時、1万円に下げていた最低投資金額を再び10万円に引き上げ。

[斎藤健二,ITmedia]

 お金のデザインが運営するロボアドバイザーサービス「THEO」は、4月7日12時以降の申込みから、最低投資金額を、再度10万円に引き上げる。スタート当初最低金額は10万円だったが、2017年8月に、1万円に引き下げていた。他のロボアドバイザー、WealthNaviやfolioでは最低投資金額は10万円となっている。

 「THEOは、きめ細かい国際分散投資をするのが特徴だ。10万円で投資すると10本くらいのETFを購入できて細かく分散できる。しかし、1万円では買えるETFが限られる。お客様に最適なETFを提案しても、理想的なポートフォリオと乖離(かいり)してしまう」(THEO広報)ことが変更の理由。

THEOのポートフォリオの例

 THEOは、複数のETFを組み合わせてポートフォリオを作るが、端株を取り扱ってないこともあり、1つのETFの価格が「3000円〜1万円くらい」となっている。そのため、ある程度の額がないと特定のETFに偏ったポートフォリオとなることがあった。

 1万円に下げたことで、「積み立てのハードルを下げることはできた」(同)が、このたび戦略を変更したかたちだ。

 なお、パートナーと提供している「THEO+ docomo」「THEO+ 新生銀行」「THEO+ 東海東京証券」「THEO+ 福岡銀行」などは、最低投資金額は1万円のまま。「今後は、THEO+についても検討していく」(同)という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間