3分Biz.
ニュース
» 2020年03月11日 16時50分 公開

30事業者、46商品が対象:納豆、あおさ、マイナスイオン……本当に新型コロナに効果あり? 消費者庁が「客観性及び合理性を欠く」として注意喚起

消費者庁が新型コロナウイルスに関する注意喚起を発表。納豆やマイナスイオンなど、予防効果をうたう商品について、現時点では「客観性及び合理性を欠く」と判断した模様。

[ITmedia]

 消費者庁は3月10日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、インターネット広告で新型コロナウイルスに対する予防効果をうたう商品に関する注意喚起を行った。

 注意喚起の文書によると、2月25日〜3月6日の期間でインターネット広告の“緊急監視”を実施。その結果、景品表示法ならびに健康増進法の観点から、消費者が誤認し、感染予防について誤った対応をしてしまう可能性がある商品・事業者に対して改善要請を行ったという。

 消費者庁は新型コロナウイルスについて、現段階では特性などが必ずしも明らかになっておらず、効果の試験を実施することも困難な状況と説明。そのため、新型コロナウイルスの予防効果を標ぼうする商品は「現段階においては客観性及び合理性を欠くものである」としている。各法に違反する恐れが高いと判断した30事業者、46商品の詳細は次の通り。

注意喚起を行った健康商品の一覧(出所:消費者庁公式Webサイト)
マイナスイオン発生機などに関しても注意喚起(出所:消費者庁公式Webサイト)

 なお、事業者だけでなく、その事業者が出店しているショッピングモール運営事業者に対しても表示の適正化について協力を要請したという。

 これに合わせ、TwitterとFacebook上でも、「『新型コロナウイルス予防に効果あり』等の広告表示に注意!!」として、注意喚起のメッセージを3月10日に投稿。当該ツイートは、3月11日16時30分時点で、3000を超えるリツイートがなされている。

SNS上でも注意喚起を実施した(出所:消費者庁公式Webサイト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間