ニュース
» 2020年03月18日 13時20分 公開

マイナビ調査:男子学生の“イクメン”志向が超加速――「育児休業取る」「共働き」が初の半数超に (1/2)

若い男性の就職後のイクメン志向が加速。男子学生の半数以上が「育児休業取る」「共働き」派に。マイナビが調査した。

[ITmedia]

 若い男性の間で、確実に“イクメン”志向が広がっているようだ。マイナビの調査によると、2021年卒業予定の男子大学生・院生のうち半数以上が「育児休業を取って積極的に子育てしたい」と回答した。一方で、男女ともに専業主婦志向は減少傾向にあることも分かった。

photo 若い大学生のイクメン志向が顕著に(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

夫婦共働き志向も加速

 調査はマイナビが19年11月〜12月、同社の学生向け就活サービスの会員である大学生・院生の男女4850人に実施した。今回で11回目となる。

 「子育てについてのあなたの考え」をまず聞いたところ、「育児休業を取って積極的に子育てしたい」と回答した男子学生の比率は51.5%と、前年調査より7.9ポイントアップした。調査開始以来、初めて半数を超えた。

photo 子育てについてあなた(学生・大学院生)の考えに近いもの(マイナビ2021年卒大学生のライフスタイル調査<働き方編>)
photo 「育児休業を取って積極的に子育てしたい」学生・大学院生の推移(マイナビ2021年卒大学生のライフスタイル調査<働き方編>)

 「結婚後の共働き志向」についても聞いたところ、「夫婦共働き」の希望割合は男子で56.5%と前年比7ポイント増となった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間