3分Biz.
ニュース
» 2020年03月19日 08時41分 公開

新型コロナで消費が増えた業種、減った業種 JCB消費NOWで明らかに

JCBのクレジットカード決済情報や属性などのデータを活用して、消費動向を調査する「JCB消費NOW」の速報値が発表された。2月前半および2月後半について、新型コロナウイルスの感染拡大によって業種別の消費動向の変化が明らかになった。

[斎藤健二,ITmedia]

 JCBのクレジットカード決済情報や属性などのデータを活用して、消費動向を調査する「JCB消費NOW」の速報値が発表された。2月前半および2月後半について、新型コロナウイルスの感染拡大によって業種別の消費動向の変化が明らかになった。

 それによると、2月後半の状況は、小売、サービスともに2月前半から改善した。総合では、消費動向指数が前年比−1.2%までマイナス幅が縮小した。

航空旅客と遊園地が大幅悪化

 ただし、業種別の内訳でみると、消費指数が大きく増加した業種と、大幅下落した業種に別れた。航空旅客は2月前半の−8%から−12.7%まで悪化。遊園地も、同−7.6%から−11.1%へ悪化し、消費動向が悪化している。

 一方、ビジネスホテルは、2月前半の0.7%増から3.4%増へ消費が拡大。ホテルも同−1.7%から1.2%増と持ち直した。居酒屋は、2月前半は2%増だったが、後半は−4.6%とマイナスに転じている。

業種別の消費動向指数の推移(出典 ナウキャスト/JCB)

医薬品が大幅増 そしてスーパーと酒屋が増加

 半面、対前年で消費が上向いた業種もある。医薬品は2月後半には前年比20.9%増となり、需要が高まってることが分かる。さらにスーパーは19.2%増、ディスカウントショップは12.8%増、そして酒屋は15.5%増となっている。

 JCB消費NOWは、ビッグデータの解析・分析を行うナウキャストとジェーシービーが提供。無作為抽出した約100万人分の決済データを利用している。マクロ、ミクロに分類した38の業種別消費指数を提供している。データ集計から約2週間で配信するため、公的な消費統計に比べて速報性が高いことが特徴。

2月前半と後半の業種別の消費動向指数前年比(出典 ナウキャスト/JCB)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間