3分Biz.
ニュース
» 2020年03月23日 13時00分 公開

支払いはキャッシュレス:スタバの“ビジネス利用”特化型店舗、高輪ゲートウェイ駅にオープン 日本のスタバ初の取り組みとは

スターバックスコーヒージャパンは3月23日、JR東日本が開業した新駅「高輪ゲートウェイ駅」に新コンセプト店をオープンした。ビジネス利用に特化した空間となる。

[ITmedia]

 スターバックスコーヒージャパンは3月23日、JR東日本が開業した新駅「高輪ゲートウェイ駅」に新コンセプト店をオープンした。多様な働き方を想定した半個室席などを充実させ、ビジネス利用に特化した空間を整備した。

ビジネス利用に特化した店舗空間「SMART LOUNGE」(イメージ、プレスリリースより、以下同)

 新コンセプト店舗「スターバックスコーヒー 高輪ゲートウェイ駅店」は、高輪ゲートウェイ駅3階の改札外にオープン。店舗面積は約184.5平方メートルで、座席数は43席。

「スターバックスコーヒー 高輪ゲートウェイ駅店」の外観

 新店舗では、ビジネス利用に特化した店舗空間「SMART LOUNGE」を日本初導入。「仕事や作業をするために1人でカフェを使いたい」というニーズの拡大に対応し、半個室席や1人掛け席を充実させた。一方、複数人での打ち合わせなどのシーンを想定したビッグテーブルも設置している。半個室席とカウンターテーブルには全席に電源を配置。スマートフォンのモバイルバッテリーのシェアサービスも導入した。

6つの半個室席を備える

 さらに、JR東日本がエキナカで展開するブース型シェアオフィス「STATION BOOTH」を初めてスターバックス店内に設置。高輪ゲートウェイ駅オリジナルラッピングを施した2台を備えている。

ブース型シェアオフィス「STATION BOOTH」

 決済方法も他のスターバックスの店舗とは異なる。日本初のキャッシュレス特化型店舗として、スターバックスカードや交通系電子マネーなどでの決済に対応する。また、事前に注文決済して店舗で商品を受け取る「モバイルオーダー&ペイ」も導入。新たな試みとして「モバイルオーダー&ペイ」の専用カウンターを設置する。

 高輪ゲートウェイ駅では、さまざまな分野の先端技術の実証実験を実施していくが、スターバックスもその取り組みに協力する。「サステイナブルな街のあり方や暮らし方、未来に関する実証実験やイベントを店舗や駅、周辺にて展開していく」という。

開放的なテラス沿いに並ぶカウンター席

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間