3分Biz.
調査リポート
» 2020年03月26日 11時11分 公開

東京都が「不要不急の外出やめて」:「買いだめは問題ない」と考える人も…… トイレットペーパーを買いだめした9割は「十分な供給量」と知っていた (2/2)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

2割は「買いだめは全く問題ない」

 こういった状況から、「買いだめに対してどう思うか」という質問では、「すべきではないが、仕方がない」という人が60.9%を占めた。一方、「問題は全くない(個人の自由)」と回答した人も18.2%いた。「絶対にすべきではない」は20.9%だった。

買いだめに対してどう思うか(=エアトリ調べ)

 買いだめに対する意見としては「転売や意味不明な買いだめ、買い占めはやめてほしい。必要としている人たちに届かないのは本当に大変なことだと思う」「メーカーが在庫はあると言っても、スーパーの棚になければ、慌てて買いだめするしかない」「台湾や韓国のように買える日・曜日を決めるなど、なぜやらないのか疑問でしょうがない」などといったコメントがあった。

 非常事態がいつまで続くか分からず、不安になる人が多いのは当然のことだが、即座に必需品の供給がなくなるわけではない。必要なところに必要な分だけ行き渡らせる、という意識を持っていれば、生活にも少しは落ち着きを取り戻せるのではないか。

 調査は3月22〜24日にインターネットで実施。20歳以上の男女1221人が回答した。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -