お店のミライ
ニュース
» 2020年04月06日 10時57分 公開

通期でも好調:3月上旬はダメだと思ったが…… ワークマンがコロナショックを乗り越え絶好調

3月のコロナショックで大手アパレルは大打撃を受けた。一方、ワークマンは好調だった。

[ITmedia]

 国内の大手アパレルが3月のコロナショックで苦戦する一方、ワークマンにはどのような影響があったのか。

 ワークマンは4月1日、2020年3月度の月次データを公表した。3月の既存店売上高は117.7%(対前年同月比)、客数は116.8%(同)、客単価は100.8%(同)となった。3月上旬は外出を控える傾向が強まり販売への影響が出ていたが、中旬以降は回復基調になったとしている。

「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」もどんどん増やしている

 例年より気温が高かったことから、ショートソックスや長袖Tシャツ、サマーカーゴパンツの販売が伸びた。また、アウトドア・スポーツ向けのクライミングパンツやシェルジャケット、アスレシューズも好調だったという。

 2019年4月〜20年3月、ワークマンの既存店売上高は125.7%(対前年同期比)、客数は119.8%(同)、客単価は104.9%(同)となり、通期で“絶好調”の結果となった。4月も政府や自治体による外出自粛要請が続いているが、ワークマンは好調を維持できるか。

好調だったアウトドア・スポーツ向けのクライミングパンツ(出所:ワークマン公式Webサイト)
年間を通じて業績は好調だった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間