ニュース
» 2020年04月28日 08時00分 公開

「原油先物価格初のマイナス」が暗示――“コロナ後”に価値が消滅する意外な業界とは“いま”が分かるビジネス塾(1/3 ページ)

原油先物が初のマイナス価格に。筆者は「単なる市場の混乱」だけでないと指摘。アフター・コロナに価値や価格が消滅・激減するモノとは。

[加谷珪一,ITmedia]

 今回のコロナショックでは、原油先物市場において全体未聞の事態が発生した。5月物の価格が一時、マイナス圏に突入したのである。これは市場の混乱に伴う一時的なものだが、その背景にはコロナ後の社会は、需要と供給の関係が一変するのではないかとの不安心理がある。今回の危機が一段落した時には、従来の価格や価値の概念が大きく変わっているかもしれない。

photo 原油先物市場、初の「マイナス価格」の衝撃(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

「初のマイナス価格」の衝撃

 4月20日の、ニューヨーク市場に上場する原油先物であるWTIでは、1バレルあたりの価格(5月物)がマイナス37.6ドルまで下落した。原油価格がマイナスになるというのは、これまでにあり得なかったことである。「価格がマイナス」と聞いてもピントこない人も多いと思うが、要は原油を買ってもお金を払う必要はなく、逆にお金がもらえることを意味している。

 では、なぜこのような事態に陥ってしまったのだろうか。重要なポイントは、マイナスになった商品が、5月を期限とする先物という点である。

 先物市場というのは、将来のある時点で商品を引き渡すことをあらかじめ確約した取引で、5月物の先物を購入した投資家は、5月末までその先物を保有していた場合、その商品(この場合は原油)を引き取らなければならない。逆に5月物を売った投資家は、代金を受け取ることで商品から手離れできる。

 通常、5月物の原油を購入した投資家は、それを事業会社に販売して利益を得ることになるが、5月時点でまったく原油の需要がなかった場合、誰もその原油を買ってくれなくなる。原油は保管に莫大なコストがかかるので、持っているだけで大きな損失になってしまう。

 つまり、あくまで5月に限った話だが、売れる見通しがなくなったことから、5月物を保有している投資家はお金を払ってでも引き取って欲しいと考えた。これが「価格がマイナス」になった理由である。

 当然、石油の需要が減少している理由はコロナショックだが、いくら新型コロナの感染が拡大したからといって、石油の需要が消滅するわけではない。しかしながら急激な経済の縮小で、5月という時期に限って言えば、原油を調達しようという人がいないので保有者はもてあましてしまったという図式である。6月が期日となっている取引を見ると、価格は暴落しているが、5月物のようなマイナス価格にはなっていない。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -