メディア
連載
» 2020年05月30日 06時30分 公開

野村克也と江本孟紀『超一流』の仕事術:江本孟紀が語る「指導者・野村克也」の人材育成法 (1/4)

野村克也の卓越した理論と、人間の本質を見抜いた指導法は、野球というスポーツにとどまらず、ビジネスパーソンにとってもリーダーシップや部下育成の方法などの分野で応用可能なものだ。江本孟紀はかつて野村とバッテリーを組み、50年間以上にわたって親交を深めてきた。生前の野村を誰よりも良く知る江本孟紀に、「上司」としての野村がいかなる存在だったかを聞いた。

[瀬川泰祐,ITmedia]

 プロ野球の名将・野村克也監督が2020年2月にこの世を去った。ヤクルトスワローズを3度日本一に導いた手腕は今も色あせることはない。その卓越した理論と、人間の本質を見抜いた指導法は、野球というスポーツにとどまらず、ビジネスパーソンにとってもリーダーシップや部下育成の方法などの分野で応用可能なもので、まさに後世に残すべき知的財産ともいえるものだろう。

phot 2020年2月にこの世を去った野村克也監督(徳間書店提供)

 その野村の「遺言」ともいえる著書が、元プロ野球選手の江本孟紀との共著『超一流 プロ野球大論』(徳間書店)だ。野村と江本が対談する形で、両氏のプロ野球界についての持論が展開されている。そして「名伯楽とその愛弟子(まなでし)が令和に遺す、最後のプロフェッショナル論」と銘打たれている通り、組織の上司と部下の在り方にも一石を投じる内容だ。

 野村の愛弟子は多くいるものの、江本は野村が監督兼選手だった南海ホークス(現:福岡ソフトバンクホークス)時代から(ピッチャーとキャッチャーのペアである)バッテリーを組み、50年間以上にわたって親交を深めてきた。生前の野村を誰よりも良く知る江本孟紀にインタビューし、「上司」としての野村がいかなる存在だったかを聞いた。

 江本は野村監督の指導法をどのようにみているのか。前編では選手時代のエピソードとともに、野村監督の人材育成法をひもといてみる。(一部敬称略)

phot 江本孟紀(えもと たけのり)1947年高知県生まれ。高知商業高校、法政大学、熊谷組(社会人野球)を経て、70年に東映フライヤーズ(現・北海道日本ハムファイターズ)入団。以降、南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)、阪神タイガースで活躍。81年、現役引退。現在は野球解説、講演会、執筆活動などを通じて、野球界の発展に力を注ぐ(撮影:山本宏樹)

強者に勝つために野村監督が徹底させた「弱者の戦略」

――江本さんは現役時代、野村監督とバッテリーを組んでいました。野村監督はピッチャーとキャッチャーの信頼で成り立つ関係を「理想のバッテリー」と呼んでいます。江本さんにとって、理想のピッチャーとキャッチャーの関係とはどのようなものでしょうか?

 よくキャッチャーの役目は「(ピッチャーを)リードすること」だと言われますね。でも実際にキャッチャーがピッチャーをリードするのは、ピッチャーが困ったときなんです。球は機械ではなく人が投げているわけですから、どうしても調子が悪くなったり調子が戻ったりするときがある。

 そういう状況を十分に理解していて、それを立て直すのがまさにキャッチャーの仕事なのです。例えば球種や、要求するコース、ミットを構えるエリアなど、ピッチングを立て直す方法をアドバイスするのが、「キャッチャーがすべきリード」なんです。

 配球自体は、もちろんピッチャーが自分の持ち球を知っているわけですから、自分が一番よく分かっています。自分の持ち球や得意なボールも当然知っています。でもその得意なボールも日によって若干調子が悪いときもある。だからキャッチャーはその日のピッチャーの調子を瞬時に察知してどのボールを投げさせるべきなのかを、サインに反映させるわけです。「阿吽(あうん)の呼吸」といいますか。だからキャッチャーにはピッチャーが投げやすい球を要求する感性が必要です。

 やっぱりマウンドに立つと、その時々で環境が変わります。状況によって緊張感も変わります。人間の邪念みたいなものが出てくると、集中力を欠いてしまうこともあります。マウンドとは、そういう場所なんです。その点、キャッチャーは唯一、冷静でいられるポジションなのです。ピッチャーの変化を感じ取りどう立て直すか、この呼吸がぴったり合うかどうかが理想のバッテリーのポイントです。だからよく言われるように何でもかんでもキャッチャーがピッチャーをリードすればいいということではないのです。

 その点で、現役時代の野村監督のリードは抜群でした。

phot
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間