メディア
3分Biz.
調査リポート
» 2020年06月03日 08時58分 公開

新型コロナ禍、7割が「キャリアや転職に対する意識」に変化

新型コロナの感染拡大を受けて、今後のキャリア・転職についてどのように考えている人が多いのだろうか。全国のビジネスパーソンに聞いたところ……。

[ITmedia]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、今後のキャリアや転職について意識を変えた人はどのくらいいるのだろうか。全国のビジネスパーソンに聞いたところ「変化した(大きくを含む)」と答えたのは74%に達していることが、エンワールド・ジャパンの調査で分かった。

新型コロナ感染拡大を受け、今後のキャリアや転職について(出典:エンワールド・ジャパン)

 「キャリア・転職への意識が変化した」と答えた人に、意識はどのように変化したのかを尋ねると、「リモートワークが中心となる新しい働き方を希望」(51%)がトップ。次いで「個人の能力・スキルアップへの意欲向上」(46%)、「会社に依存した働き方への不安」(40%)、「副業・ダブルワークなどにより副収入を増加したい」(34%)と続いた。

意識はどのように変化したのか(出典:エンワールド・ジャパン)

 現在、転職活動をしている人は43%。今後、転職活動を検討している人は28%。現在、転職活動をしている人のうち、18%は「新型コロナ感染流行開始後に活動を開始した」と答えた。

 新型コロナ感染拡大後、転職活動をしている人にその理由を聞いたところ「会社都合(リストラ・失業など)」と答えたのは24%。その内訳をみたところ、日系企業で働く人よりも外資系企業の人のほうが21ポイント上回った。「雇用にシビアな外資系企業で、日系企業より多く人員整理が進んでいることが推察される」(エンワールド・ジャパン)

 インターネットを使った調査で、ビジネスパーソン4636人が回答した。調査期間は5月19日から21日まで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間