メディア
ニュース
» 2020年06月16日 16時00分 公開

エン・ジャパン調査:35歳以上ビジネスパーソンの34%「自分の行動、パワハラかも」自覚 (1/2)

パワハラ防止法が6月施行。そこで35歳以上ビジネスパーソンにパワハラの意識調査。34%が「自分の行動、パワハラかも」と自覚。

[ITmedia]

 6月から「パワハラ防止法」(改正労働施策総合推進法)が施行された。人材大手のエン・ジャパンが35歳以上のビジネスパーソンにアンケ―トしたところ、3人に1人が「自分の行動がパワハラに当たるのではないかと思ったことがある」と回答した。特にこうした後輩・部下を持つ年代とその所属企業は、法律の施行もあり、一層の注意や対策が求められていると言えそうだ。

photo 自分の職場での言動が「パワハラかも?」と不安な人も少なくないのでは(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

上の世代の方が「自覚」やや乏しく

 調査はエン・ジャパンが自社の転職サイト「ミドルの転職」のユーザーのうち35歳以上の約2000人に、4月30日〜5月28日に実施した。

 「パワハラが起きる理由は何だと思うか」と聞いたところ(複数回答可)、トップは「パワハラをする側の人間性の問題」で70%となった。次いで「上司と部下との信頼関係の欠如」(53%)「企業のパワハラ対策の不十分さ」(46%)が続いた。

photo パワハラが起きる理由は何だと思うか(エン・ジャパン「ミドル2000人に聞く『パワハラ防止法』意識調査」)

 さらに「自身がパワハラをする側になる可能性についてどう思うか」と聞いたところ、「実際にパワハラをしたことがある」はわずか2%となった。ただ、34%が「自分の行動がパワハラに当たるのではないかと思ったことがある」と回答。僅差ではあるが、意外にも30代より50代の方がこの「自覚」度合いが低くなる結果となった。

photo 自身がパワハラをする側になる可能性についてどう思うか(エン・ジャパン「ミドル2000人に聞く『パワハラ防止法』意識調査」)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間