メディア
連載
» 2020年07月16日 19時10分 公開

アニメ業界の「病巣」に迫る【前編】:アニメ版『ジョジョ』の総作画監督が語るアニメーター業界の「過酷な実態」 (1/4)

アニメ業界には未だに低賃金や長時間労働といった過酷な労働環境がはびこっている。『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』などでキャラクターデザインを担当している西位輝実さんに、その実態を聞いた。

[伊藤誠之介,ITmedia]

 日本のアニメーションは今や、世界中で注目を集める一大コンテンツ産業となっている。だが一方で、アニメ業界には以前から、低賃金や長時間労働といった過酷な労働環境に置かれているという話も多い。本当のところ、アニメを制作する現場の実態は、どうなっているのだろうか? 

 その疑問に明快な回答を提示してくれる書籍が、2020年初頭に出版された。玄光社刊の『アニメーターの仕事がわかる本』である。この書籍の画期的なところは、アニメ業界の第一線で活躍している現役アニメーターが、著者の1人に名を連ねている点だ。

 西位輝実さんは、専門学校卒業後の1999年からアニメ−ターとして働くようになり、『蟲師』『キャシャーンSins』といった作品で作画監督として活躍。2011年の『輪るピングドラム』で初めてキャラクターデザインを務めた後、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』や『劇場版はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜』でもキャラクターデザインを担当している。

 『アニメーターの仕事がわかる本』では、フリーライターの餅井アンナさんによる質問に西位さんが回答する形式で、アニメーターの仕事の具体的な内容からその労働環境、そして収入や報酬単価といった数字に関する話まで、アニメ業界の最新事情が生々しく語られている。その中には、「本人は会社員と思っているが実際はフリーランス」といった具合に、一般社会の常識とは大きくかけ離れている面も少なくない。

 そこで今回は、西位輝実さんにインタビューし、アニメ業界の実情についてより詳しく聞くと共に、この書籍を手がけた理由や西位さん個人の現在の働き方といった、書籍には出てこない部分まで掘り下げている。その中にはNetflixをはじめとする、近年の日本アニメに進出している海外資本のビジネスについても聞いた。

 なお、このインタビューは20年2月に行われたものである。7月現在、アニメ業界も新型コロナウイルスの影響を大きく受けており、4月スタートのTVアニメの多くは、放送中断や延期を余儀なくされた。とはいえ、ここで語られているアニメ業界に対する提言は、新型コロナ以後においても重要なものとなるはずだ。

phot 西位輝実(にしい・てるみ) 1978年生まれ、大阪府出身。大阪デザイナー専門学校を卒業。スタジオコクピットを経て、フリーランスのアニメーターとして活躍。現在は作画監督、キャラクターデザインをメインに行い、主な担当作にNetflix『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』、劇場版『はいからさんが通る』『ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない』などがある。オリジナル漫画『ウロボロスの冠』をWebサイトにて配信中

編集者にアニメ業界の「常識」を話したら、ドン引きされた

――西位さんが『アニメーターの仕事がわかる本』を執筆することになったきっかけは?

 玄光社さんがこの本よりも前に作った、『駆け出しクリエイターのためのお金と確定申告Q&A』という本がきっかけなんです。玄光社さんはもともと、アニメーターの書籍をたくさん出されていて。それでクリエイターに向けた確定申告の本を作る時に、私が確定申告の説明会を開いているということで、インタビューを受けたんです。その時にアニメ業界の話をしたら、けっこうドン引きされて(笑)。

――「ドン引きされた」というのは?

 アニメ業界の雇用に関する常識が、あまりにも一般社会とは違っていたみたいで。私自身もこの本を出すまで、具体的には知らなかったんですけど。

 アニメ業界って、ギャラが安いことにみんな文句を言っていますけど、業務形態に関しては特に不満には思わないというか、世間の常識とあまりにも違っていることに気づいていないんですよ。アニメ業界全体が完全にムラ社会化していて、世間から孤立している状態なので。『アニメーターの仕事がわかる本』の中にも、「アニメーターは自分のことをフリーランスだと思っていない」「確定申告をしたことがない」という話が出てきますけど、それを問題だとは思っていないことが、アニメ業界のいちばんの問題だと思います。

――そうなんですね。

 玄光社の編集者さんがインタビューに来られた時に、そういった話をしたら「アニメ業界ってスゴイですね」とすごく驚かれて。「それを本にしましょう」とオファーをもらったんです。ちょうど1年ぐらい前のことだったと思いますけど。

――先ほどのお話にもありましたが、西位さんは以前から、若いアニメーターさんに向けた確定申告の説明会を開いているそうですね。

 はい。アニメ業界があまりに世間の常識と違うので、4月に新入社員として……実際には社員ではないんですけど、新しくアニメ業界に入ってくる人に向けて、確定申告の説明会を開こうと思ったんです。私のお世話になっている税理士さんがすごくいい人で、「やりましょう」と言ってくださったので。

 それで確定申告の説明会と一緒に、アニメーター限定の交流会という、まぁ言ってしまうと飲み会も開いたんです。そうしたらとても飲み会とは呼べないぐらいの、ちょっとしたイベントみたいな人数になってしまって(笑)。

――開催当時の西位さんのツイートで拝見したのですが、200人も集まったとか?

 はい。さすがにそれだけの人数になると、お店が見つからなくて。本当はホテルかどこかのパーティー会場を借りないといけないんですけど、そうすると参加費が7000円ぐらいになって、新人のアニメーターには払えなくなるので。それでなんとか安く抑えようと、居酒屋を貸し切る形になったんです。全員が会場に入るのに30分、出るのにまた30分ぐらいかかっちゃって。

――ちょっとした同人誌即売会みたいな規模ですね(笑)。アニメーターだけに限定してその人数だから、スゴいですよね。それだけの人数が、確定申告について知りたいと思っていたのですか?

 確定申告について知りたいと来てくれたのは、若いアニメーターの子たちなので、30〜40人ぐらいですね。それ以外の人たちがこれほど交流会に集まってきた理由は、正直、私もよく分からないんです。アニメーターは自宅作業も多いので、他の人とのつながりを求めているのかもしれないですね。

――アニメーターさんの場合は、同業者どうしの横のつながりで新しい仕事が来る場合も多いと聞いているので、そういった関係を求めて集まってきたのでは?

 交流会を企画したもともとの意図は、そういうことですね。ただ、その後に追跡調査をしたりしているわけではないので、参加した人が実際に仕事でプラスになったのかどうかまでは、分からないですけど。

 自分はアニメーターの先輩・後輩の関係ですごく育ててもらったと思っているので、アニメーター同士でつながっていたほうが、お互いにメリットがあるだろうなと。制作進行の人は、仕事を発注してはくれるけど、絵の技術を教えてくれるわけではないですから。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -