3分Biz.
ニュース
» 2020年07月13日 10時35分 公開

国内工場で生産:資生堂が手荒れに配慮した手指消毒液を販売 医療機関に供給していたものを一般向けに

資生堂が手指消毒液(指定医薬部外品)を一般販売する。同社の技術力を背景とした「手荒れに配慮した処方」が特徴。4月から医療機関に提供していた。

[ITmedia]

 資生堂は7月13日、手指消毒液(指定医薬部外品)を8月上旬から一般発売すると発表した。

 同社は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月に手荒れに配慮した消毒液を開発。現在は国内4工場で毎月20万本(約10万リットル)の消毒液を生産し、医療機関などに提供している。今回、その消毒液を一般向けに提供する。

一般販売する「S 手指消毒用エタノール液」(出所:リリース)

 販売するのは「S 手指消毒用エタノール液」と「S 手指消毒用エタノール液(つけかえ用)」(いずれも500ミリリットル)の2種類で、価格は現時点では未定とした。

 まず、顧客からの要望が多い東京都内の店舗(化粧品専門店、ドラッグストア、ホームセンター、スーパーマーケット、GMS)で販売を開始する。その後、「市場の環境を鑑みながら販売エリアを拡大していく予定」(資生堂)という。

商品概要(出所:リリース)
一般販売する「S 手指消毒用エタノール液(つけかえ用)」(出所:リリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -