クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
ニュース
» 2020年07月15日 16時58分 公開

日産、新型EV「アリア」を初公開 加速性能はスポーツカーに匹敵、最新技術を結集2021年中ごろに日本発売(2/2 ページ)

[加納由希絵,ITmedia]
前のページへ 1|2       

専用プラットフォームで広い室内空間を確保

 EV専用プラットフォームも新開発した。車体中央に薄いバッテリーを配置することで、前後の重量配分を均等にしているほか、フラットなフロアを実現している。加えて、従来は室内に配置されていた空調ユニットをモータールームに配置。広い室内空間を確保したことも特徴だ。

新型アリアのインテリア。フラットなフロア、広い室内空間を実現
新型アリアのインテリア

 先進運転支援技術のプロパイロット2.0は、新型「スカイライン」にも搭載したシステム。同一車線内でハンズオフ走行ができる機能がある。スカイラインに搭載しているシステムよりも精度を向上させており、「複数の車線をより正確に捉えることができる」(開発担当者)という。

新型アリアに搭載する「プロパイロット2.0」のイメージ

 収益力の向上が大きな課題となっている日産は、新型車の投入、EVなど電動車両の販売拡大、プロパイロット搭載車種の拡大など、強みを生かせる分野を中心に取り組みを急いでいる。新型アリアの発売は1年後となるが、それまでに先進技術を強調したEVへの期待感を高め、販売拡大につなげたい考えだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -