クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
ニュース
» 2020年07月15日 16時58分 公開

2021年中ごろに日本発売:日産、新型EV「アリア」を初公開 加速性能はスポーツカーに匹敵、最新技術を結集 (1/2)

日産自動車は、新型EV「アリア」を初公開した。同社の最新技術を結集したSUVで、EV市場拡大を目指す。日本での発売は2021年中ごろとなる。

[加納由希絵,ITmedia]

 日産自動車は7月15日、新型電気自動車(EV)「アリア」を発表した。電動パワートレインとプラットフォームを新開発したほか、運転支援技術「プロパイロット2.0」も採用。同社の最新技術を結集させた。世界的に人気が高まっているSUVのモデルを投入し、EV市場の拡大を目指す。日本での発売は2021年中ごろで、実質購入価格は約500万円からとなる見込み。その後、欧州、北米、中国にも展開する。

日産が初公開した新型EV「アリア」

スポーツカーに匹敵する加速性能

 「アリアは単なる新型車の一つではない。新たな扉を開くモデルだ」。同日開催したオンライン発表会で、内田誠社長はそう語った。量産EVの先駆けとして「リーフ」を発売してから10年。これまでに蓄積したEVのデータやノウハウをアリアの開発につぎ込んだ。「年間100万台以上の電動車販売」の達成に向けて重要なモデルと位置付ける。また、「決意の表れ」という新ブランドロゴも披露した。

新型アリアを発表した、日産の内田誠社長

 新開発のパワートレインには4つのバリエーションを用意。バッテリー容量は65kWhと90kWhの2種類、駆動方式は2WDとAWDの2種類があり、好みやニーズに合わせて組み合わせることができる。

 特にAWDには、最新の4輪制御技術「e-4ORCE(イーフォース)」を採用。「これまでに培ったEVの制御技術と、スポーツ四駆の制御技術を組み合わせて開発した」(開発担当者)技術だという。フロントとリアの2つのモーターを緻密に制御することで、操作性や加速性能を向上。時速100キロまでの加速に要する時間は5.1秒(バッテリー90kWhの場合)で、加速性能は「フェアレディZに匹敵する」(内田社長)という。

日産の新型EV「アリア」

 1回の充電における航続距離は最大610キロ(2WD、90kWhバッテリーの場合)。最大130kWの急速充電にも対応しており、30分の急速充電で最大375キロ分を充電することができる。アリアの発売に備えて、国内の充電インフラの整備にも取り組んでいく方針だ。

日産の新型EV「アリア」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -