3分Biz.
ニュース
» 2020年07月17日 15時18分 公開

室内照明でも効果:シャープ、消臭・抗ウイルスの「光触媒スプレー」を発売 複合機の技術を応用

シャープは、消臭や抗菌、抗ウイルス効果のある光触媒を使用したスプレーを発売した。複合機の開発で培った技術を応用し、光に反応してにおい成分やウイルスなどを分解する光触媒を開発。月3000本を生産する。

[ITmedia]

 シャープは7月17日、消臭や抗菌、抗ウイルス効果のある光触媒を使用したスプレーを発売した。複合機の開発で培った技術を応用し、光に反応してにおい成分やウイルスなどを分解する光触媒を開発。壁や床、衣類などに利用できる。月3000本を生産し、自社ECサイトなどで販売する。

シャープが発売した「光触媒スプレー」

 光触媒は、光が当たると表面に強い酸化力が発生し、におい成分や菌、ウイルスなどを酸化分解する物質。たばこやペットなどの生活臭の低減、付着する雑菌やウイルスの作用の抑制といった効果が期待できる。

 シャープの光触媒スプレーでは、独自の可視光応答型光触媒を採用。複合機の開発で培った光半導体技術や粉体加工技術を応用している。太陽光だけでなく、屋内の照明の光にも反応する分解能力があるという。

 家の中の壁や床、家具、衣類などに噴霧して使う。光触媒は洗ったり拭き取ったりしない限り、噴霧した場所にとどまるため、一度の使用で効果が長期間持続する。

シャープの「光触媒スプレー」。消臭や抗ウイルス効果がある

 同社が公表した実証結果によると、一般的な照明の光によって、たばこやアルコールなどのにおい成分であるアセトアルデヒドが約20分後に90%、約3時間後には全量分解された。また、雑菌の数は約24時間後に検出限界以下(99.99%低減)になった。ウイルスの感染能力を表すウイルス感染価は、約4時間後に99.9%低減した。

 1本200ミリリットル入りで、価格は3828円(税込)。

光触媒の作用メカニズム(プレスリリースより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -