3分Biz.
ニュース
» 2020年08月02日 07時00分 公開

歩く広告塔:街中で客のマスクが広告に変身! 「アドノマスク」キャンペーン

関西を中心にPR支援事業を行っている会社が、ちょっとユニークな取り組みを展開している。サービス名は、通称「アドノマスク」キャンペーン。どんな内容かというと……。

[ITmedia]

 マスクに企業広告のシールを貼ってくれた客に、お礼のサービスを提供――。関西を中心にPR支援事業を行っているラプレ(大阪)が、ちょっとユニークな取り組みを展開している。サービス名は、通称「アドノマスク」キャンペーン。7月22日から大阪の企業と取り組んでいて、じわじわ広がりを見せている。

街中で客のマスクが広告に変身

 新型コロナウイルスの感染拡大を警戒し、街中を歩く人の多くはマスクを着用している。白色の使い捨てマスクを使用している人が多いことを受け、同社は「白いマスクのスペースを活用できないかと考え、このキャンペーンを企画した」という。

 企業の広告(advertisement・アドバタイズメント)入りのマスクを客が着用すれば、“歩く広告塔”としてその会社をPRすることになる。お礼として、会社は客に何らかのサービスを提供するという仕組みだ。キャンペーンに参加している鉄板食堂tekkote(てっこて)はワンドリンクを、とんぼりリバークルーズはクリアファイルを、それぞれ提供している。

広告が入った「アドノマスク」
鉄板食堂tekkote

 キャンペーンスタート時には、大阪に本社を置く5社が参加。現在、数社から本企画に参加したい声が届いているという。「マスクで感染を予防しながら、白いマスクのスペースを有効活用し、大阪の企業の知名度アップを図っていくことができれば」(同社)としている。

とんぼりリバークルーズなど

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -