3分Biz.
ニュース
» 2020年09月10日 13時14分 公開

5Gは「過度な期待」のピークに ガートナーハイプ・サイクル

ガートナー ジャパンは9月10日、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル2020年」を発表した。それによると、現在「過度な期待」の頂点に位置しているのが新しい携帯電話通信規格の「5G」だった。

[斎藤健二,ITmedia]

 ガートナー ジャパンは9月10日、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル2020年」を発表した。それによると、現在「過度な期待」の頂点に位置しているのが新しい携帯電話通信規格の「5G」だった。

5Gはハイプ・サイクルの「過度な期待」のピークに

 2020年版では、新たに「ヒューマン・オーグメンテーション」が追加された。また、19年版で幻滅期に入った「モノのインターネット」「量子コンピューター」「DevOps」「人工知能」「スマートロボット」「ブロックチェーン」「仮想現実(AR)」は、引き続き幻滅の谷へと向かっている。

 一方、「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」と「デジタルヘルス」は、谷底を脱して本格的な普及期に移り始めた。

 ハイプ・サイクルはさまざまな技術が登場したあとの動きを視覚的に説明するもの。新技術は、黎明期を経て期待が高まり、それがピークに達した後、幻滅期に入る。その後、具体的な活用事例が増える啓発期を経て、主流採用が始まる安定期へと進む。ハイプ・サイクルを見ることで、新技術が実態以上に期待されているのか、また幻滅されているのかを把握できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -