連載
» 2020年09月16日 05時00分 公開

長浜淳之介のトレンドアンテナ:「タピオカバブル」がコロナで大崩壊 “聖地”原宿の閉店ラッシュと各社の生き残り策 (4/5)

[長浜淳之介,ITmedia]

最大手「ゴンチャ」の戦略

 業界最大手のゴンチャ ジャパン(東京都渋谷区)は、2006年に台湾で誕生して世界で約1300店を展開するゴンチャの店を、15年に日本初出店。急成長し、国内に75店をFC(フランチャイズ)中心にチェーン化している。

ゴンチャ(イメージ)。韓国には600店あるので、日本でもっと増やせるというのだが…

 日本では一般にタピオカ専門店と認識されているが、同社では一貫して自らを台湾ティー専門店またはアジアンカフェと称しており、あくまでお茶を楽しむ文化を広めるスタンスで経営してきた。パールと呼ばれるタピオカは4つあるトッピングのうちの1つである。

 同社では、コロナ禍の影響を受けてメニューの多様化に着手。6月17日にはグランデュオ立川店(東京都立川市)でコーヒーメニューを提供し始めた。順次、提供店を広げる予定だ。これは、来店頻度を向上させ、より幅広い顧客にゴンチャを知ってもらうのが目的。台湾茶に特化していては、生き残れないと判断したわけだ。

 コーヒーメニューは、ブレンドコーヒーやアイスコーヒー(S:250円、M:300円)の他、カフェオレ、黒糖ミルクカフェオレもある。黒糖ミルクカフェオレのみ、タピオカのトッピングが可能だ。

ゴンチャ立川グランデュオ店で提供される、アイスコーヒー

 同社のこれまでのお茶のメニューは400〜500円台が中心だったので、コーヒーはそれに比べれば安い。価格戦略の面もあるだろう。

 しかも、コーヒーに加えて、7月22日からは全店で果汁を発酵させたお酢を使った「ビネガードリンク」を提供し始めた。韓国の「美酢(ミチョ)」を使用している。天然果汁のマイルドな味が特徴だが、美容大国・韓国のイメージで、若い女性にアピールする狙いもあるようだ。

 フレーバーは「ざくろ」と、店舗によって「カラマンシー」または「パイナップル」のどちらかを販売。ミルクかソーダ、どちらかで割って提供する。こんにゃくゼリーが入っており、タピオカ、ナタデココ、アロエのうちの1つを無料でトッピングできる。価格は470円。

ゴンチャのビネガードリンク、ざくろ。ミルク、イチゴジャム、こんにゃくゼリーが入っている。よく振ってから飲む

 コーヒーは男性、ビネガードリンクは女性に、どこまで浸透するか。そして、ゴンチャの企業価値を上げられるか、注目される。

 また、新業態として対面販売を行わないデリバリー特化型の「ゴーストレストラン」にも進出した。6月12日にオープンした新橋3丁目店(東京都港区)は、FC加盟店がレストランを経営しており、そのキッチンを使って、ゴンチャメニューのデリバリーを行っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -