連載
» 2020年09月16日 05時00分 公開

長浜淳之介のトレンドアンテナ:「タピオカバブル」がコロナで大崩壊 “聖地”原宿の閉店ラッシュと各社の生き残り策 (5/5)

[長浜淳之介,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

一過性のタピオカファンとは顧客層が違う

 タピオカブームの火付け役である春水堂を国内で18店、直営にて展開するオアシスティーラウンジ(東京都港区)でも、メニューを強化。「ティーカクテル」という新しいドリンクの分野に挑戦している。

 春水堂は1983年創業、台湾で50店以上を展開しているが、87年に「タピオカミルクティー」を発明し、世界にブームを起こした発祥店である。

春水堂表参道店

 日本1号店は、前出・オアシス社が13年、東京・代官山に出店した。また、「TPティー」というテークアウト専門のスタンドも、国内に10店展開している。

 春水堂では、「麻辣排骨担々麺」や伝統的な豆乳スイーツの「豆花(トーファ)」のような食事メニューも充実しており、台湾フードの認知度を高めるのに貢献してきた。お茶の葉も無添加の高品質な素材を使い、シロップは店内でキビ砂糖を煮詰めて作る。また、店を彩る花もスタッフが生けるといったような、こだわりの店づくりを行っている。

9月16日発売、秋の限定商品、黒胡麻担々麺に鶏と生姜の酸辣湯麺

 それだけに、台湾フードを愛する人たちに根強く支持されており、一過性のタピオカファンとは顧客層を異にしている。そこが強みだ。

 ティーカクテルは、6月19日にオープンした渋谷マークシティ店(東京都渋谷区)限定で提供している。お茶とお酒を合わせた新感覚の大人のアレンジティーで、7種類(そのうち2種類はノンアルコール)ある。さわやかで食事に合うティースパークリングや、タピオカ入りでスイーツ感覚の「タピオカ カルーアミルクティー」など、ユニークなラインアップだ。前菜からスイーツまで、130種以上もの台湾小皿料理と合わせて楽しめる。

春水堂渋谷マークシティ店で提供される、ティーカクテルの数々。中央が看板商品タピオカ カルーアミルクティー

 また、7月21日にオープンした京都木屋町店限定で、抹茶と豆花がコラボレーションした「宇治抹茶豆花」を発売している。このように店舗ごとに名物メニューを作っていくのも、春水堂の特徴だ。

 同社では「タピオカがブームになり、お茶を楽しむ文化がやっと育ってきたと思ったら、コロナ禍が来た」(同社広報)と認識している。台湾茶だけでなく、日本茶も提案する。そして、トッピングもタピオカに限らず、アロエなどを自由に組み合わせて楽しむアレンジティーの世界を広く知ってもらいたい。こういったスタンスが、果たしてどこまで伝わるのか不安もあるという。

春水堂京都木屋町店限定、宇治抹茶豆花

 タピオカ大崩壊から、コーヒーをメインとしたカフェと並び立つ、アレンジティーやティーカフェの豊かな世界へと再構築は可能なのか。コロナ禍の中で、模索が始まっている。

こちらは人気を保っている、ゴンチャ原宿表参道2号店

著者プロフィール

長浜淳之介(ながはま・じゅんのすけ)

兵庫県出身。同志社大学法学部卒業。業界紙記者、ビジネス雑誌編集者を経て、角川春樹事務所編集者より1997年にフリーとなる。ビジネス、IT、飲食、流通、歴史、街歩き、サブカルなど多彩な方面で、執筆、編集を行っている。共著に『図解ICタグビジネスのすべて』(日本能率協会マネジメントセンター)など。


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -