連載
» 2020年09月16日 05時00分 公開

長浜淳之介のトレンドアンテナ:「タピオカバブル」がコロナで大崩壊 “聖地”原宿の閉店ラッシュと各社の生き残り策 (3/5)

[長浜淳之介,ITmedia]

タピオカ大崩壊を乗り切る施策は

 さて、このようなタピオカ大崩壊を踏まえて、事業会社はどのような施策を練っているのだろうか。

 8月20日、回転寿司最大手のスシローグローバルホールディングス(GH)は、台湾のシェアティーと提携して、新宿マルイ本館(東京都新宿区)の1階に、シェアティー1号店をオープンした。

新宿マルイ本館1階にオープンした、シェアティー日本1号店

 シェアティーは1992年に台湾で創業して以来、世界に500店以上を展開する台湾茶の人気店。「ちょっとの上質を、毎日の贅沢に。」をコンセプトにしている。メインの「四季ティー」(M:350円、L:400円、税別以下同)をはじめとする5種の台湾茶のアイスとホット、それらのラテに加えて、フルーツティーや紅茶ソフトクリームも用意した。

シェアティーの商品群

 台湾で自然栽培されている茶葉を100%使い、専用のティーエスプレッソマシンでドリップしたてのお茶を提供している。

 タピオカが入った商品は、「タピオカミルクティ」(M:500円、L:550円)の1種類のみである。

 ソフトクリームは実際に食べた人からは好評という。

 日本でシェアティーを展開するシェティージャパンは、スシローGHの子会社スシロークリエイティブダイニングと、台北にある事業会社の合弁会社。

デザイナーの平安座レナ氏と、氏がデザインした店の制服

 スシローの店舗では2019年7月にシェアティーとのコラボレーションで、「光るゴールデンタピオカミルクティー」を投入した。ミルクティーの容器をスマートフォンの光で下から照らすと、金色に光る物珍しさもあってヒット。その後も、「黒糖ミルク」「宇治抹茶ラテ」「ほうじ茶オーレ」とシーズン商品をシリーズ化。累計170万杯、2秒に1杯飲まれるほどの人気になっている。

 しかし、今回出店した新宿マルイの台湾茶専門店のタピオカは光らず、ストローも無地の紙製なのでインスタ映えもしない。あえてのタピオカのメイン外しが吉と出るか、注目される。

 なお、ファッションデザイナーの平安座(へんざ)レナ氏を起用しており、店舗はインスタ映えするデザインに仕上がっている。ユニホームとカップのデザインも平安座氏が行った。

 現状、新宿エリア自体が歌舞伎町の“夜の街”に広がった新型コロナの影響で訪れる人が少ない。そのため、新宿マルイの集客も回復途上と見受けられ、それなりのスタートだ。

 ゆっくりと座る席が設けられておらず、テークアウト専門に近い。今は店内飲食を避ける人も多いが、くつろげない難点があるのは確か。一方、通路の向かいにアップルストアがあり、ゆっくり座れるスペースも設けられている。シェアティーと連動させられないだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -