フィンテックで変わる財務
ニュース
» 2020年09月30日 15時07分 公開

交通費も自動取込して精算 NTTコム、モバイルSuica連動の経費精算サービス「SmartGo Staple」開始

NTTコミュニケーションズは、モバイルSuicaと法人用プリペイドカードを組み合わせて、交通費を含めた経費を自動で精算できる「SmartGo Staple」の提供を始めた。従業員にプリペイドカードを配布し、紐付いたモバイルSuicaを利用してもらうことで、カードで使用した経費や交通費が自動的に経費精算サービスに取り込まれ、容易に経費処理できる。

[斎藤健二,ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは9月30日、モバイルSuicaと法人用プリペイドカードを組み合わせて、交通費を含めた経費を自動で精算できる「SmartGo Staple」の提供を始めた。従業員にプリペイドカードを配布し、ひも付いたモバイルSuicaを利用してもらうことで、カードで使用した経費や交通費が自動的に経費精算サービスに取り込まれ、容易に経費処理できる。

SmartGo Stapleの利用の流れ

 Suica機能付きの法人クレジットカードは発行されていないため、企業が交通費を精算するには、従業員個人のSuicaを使い立て替えてもらう必要があった。NTTコムは2019年9月に、モバイルSuicaのデータを専用サーバを介して取り込むSmart Goサービスの提供を始めていたが、今回、そこに経費精算のクラウドサービスであるStapleと、Stapleの法人プリペイドカードを組み合わせた形だ。

 NTTコムは、交通費精算も含め「従業員の経費精算業務をゼロにすることが可能」だとしている。また、立て替え経費がなくなるため、振り込みの手間や手数料も削減でき、申請漏れや申請ミス、不正利用の防止にもなるという。

 今回、SmartGo Stapleに組み込まれるStapleは、フィンテックスタートアップのクラウドキャストが提供する経費精算サービスだ。クレジットカードではなくプリペイドカードを使うことで、与信が不要であることや、利用上限金額が撤廃できるなどのメリットがある。

 SmartGO Stapleの料金は1ユーザーあたり月額1100円(税込)。こちらには、経費精算サービスのStapleの料金も含まれる。初期費用は無料だ。また、10月から施行される改正電子帳簿保存法にも対応している。

料金表。Stapleの料金は月額660円。440円の上乗せで、モバイルSuicaとの連動が可能になることになる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -