3分Biz.
ニュース
» 2020年10月07日 18時00分 公開

充電時間を短縮:JT、コンパクトサイズの「プルーム・テック・プラス」発売 たばこカプセルの残量が分かるディスプレイも搭載

JTは「プルーム・テック・プラス」から、コンパクトサイズの新モデル「プルーム・テック・プラス・ウィズ」を発売する。高さを約半分に改良し、従来品よりも充電時間を短縮。たばこカプセルやバッテリーの残量が分かるディスプレイを搭載した。

[ITmedia]

 日本たばこ産業(JT)は10月7日、加熱式たばこ用デバイス「プルーム・テック・プラス」から、コンパクトサイズの新モデル「プルーム・テック・プラス・ウィズ」(スターターキットの価格は税込2980円)を発売すると発表した。11月2日に都内のPloom Shopとオンラインショップで、3日に都内のコンビニエンスストアでそれぞれ販売する。より携帯しやすいデバイスを投入し、加熱式たばこのシェア拡大を図る考えだ。

今までよりもコンパクトに(出所:プレスリリース)

 プルーム・テック・プラス・ウィズは、従来のプルーム・テック・プラスに比べ、高さを約半分にするなど携帯性を改良。充電時間も従来品が90分かかるのに対し60分に短縮した。また、たばこカプセルやバッテリーの残量が分かるディスプレイをデバイス上部に搭載。使いやすさの向上を目指した。

デバイス上部に残量を示すディスプレイを搭載

 現在JTは、低温加熱型の「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」、高温加熱型の「プルーム・エス」の3タイプのデバイスを販売している。さまざまなタイプのデバイスやフレーバーを出すことで、顧客に選択肢を提案し、さらなるユーザーの獲得を狙う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -