ニュース
» 2020年10月08日 14時30分 公開

コロナ関連の経営破綻600件に――資金繰り支援効果薄れ東京商工リサーチ調査(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

飲食、アパレル、宿泊業で顕著

 業種別に見ると、最多は飲食業で90件。アパレル関連が計63件、宿泊業(ホテル・旅館)50件と続く。特に自粛期間に大きな影響を受けた飲食・旅行業界が、一連のGo Toキャンペーンでどれだけ息を吹き返せるかが焦点になりそうだ。

photo 業種別に見た新型コロナ関連破綻の件数(東京商工リサーチ『新型コロナウイルス』関連破たん状況)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -