ニュース
» 2020年10月20日 07時50分 公開

一風堂創業35周年 定番商品の「からか麺」をリニューアル その狙いは?(1/3 ページ)

一風堂は、10月16日に創業35周年を迎えた。それを記念し定番ラーメンの「からか麺」をリニューアルを決断。その狙いは何か。

[上間貴大,ITmedia]

 福岡・博多発祥のラーメンブランド「一風堂」、2020年10月16日に創業35周年を迎えた。それを記念し、同日から定番ラーメンの「からか麺」をリニューアル。国内125店舗で販売している。その狙いは何か。

創業35周年を迎えた一風堂

 今や世界各地に出店する一風堂だが、新型コロナウイルス感染拡大による店舗休業や外出自粛の影響を受け、苦戦を強いられている。一風堂を運営する力の源ホールディングスが公表した国内既存店の売上高(2020年4月〜9月)は前年同期比で58.1%、客数も59.5%となった。そんな中同社が投入したのが「極(きわみ)からか麺」(税別850円)だ。

「極(きわみ)からか麺」

 リニューアルした「からか麺」は、どのような特徴があるのだろうか。とんこつスープに自家製ラー油と香油を合わせ、辛味とコクをプラス。麺も「中太ストレート麺」から、博多ならではの「細麺」に変更した。からさは「普通」と「特辛」の2種類を用意。また、炒りゴマや練りゴマなどで作った特製のゴマペーストの「胡麻ばくだん」を別皿で提供する。

 これまでのからか麺は「辛くない」状態でも提供でき、幅広い層の人から支持を得ていたという。ではなぜ同社はリニューアルを決断したのだろうか。

これまで販売されていた「からか麺」
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -