ニュース
» 2020年11月10日 09時17分 公開

日経平均、2万5000円超えで始まる ワクチン開発好感

11月10日の日経平均株価は大幅に上昇して始まった。前日比247円高の2万5087円で取り引きが始まり、29年ぶりの高値を再び更新した。米製薬大手ファイザーが、開発中の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験結果を発表し、「90%を超える予防効果がある」としたことを好感した。

[ITmedia]

 11月10日の日経平均株価は大幅に上昇して始まった。前日比247円高の2万5087円で取り引きが始まり、29年ぶりの高値を一時、更新した。米製薬大手ファイザーが、開発中の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験結果を発表し、「90%を超える予防効果がある」としたことを好感した。

写真はイメージ(写真提供:ゲッティイメージズ)

 株高は全世界的な傾向。9日の米国ダウ平均株価は急騰し、上げ幅は一時1600ドルを上回った。一方で、ロックダウン解除の可能性を受けて、これまでの株価上昇を牽引していた米ハイテク株は下落。ズームは10%近く下落し、アマゾン、フェイスブック、マイクロソフトなども大きく値を下げた。

 併せて、為替も円安が進んだ。ワクチン報道で急騰し、一時105円台半ばへ上昇。9時20分現在は105円20銭前後で推移している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -