ニュース
» 2020年11月10日 13時03分 公開

年代別の結果:テレワーク、サボってるのは20代? 調査で見えた先輩との差 (1/2)

コロナ禍でテレワークが浸透している。「サボっているのでは?」と疑う人がいる一方で、そんな目線にストレスを感じている人もいる。年代別の傾向は?

[ITmedia]

 ソフトウェア開発のヌーラボ(福岡市)は11月10日、「テレワークと“サボり”の関係性に関するアンケート調査」の結果を発表した。同社が提供するプロジェクト管理ツール「Backlog」利用者が主な調査対象。

自宅にいるとついつい……(画像はイメージ)

 同調査では、テレワーク時に「チームメンバーや上司・部下から『サボっている』と思われているのではないか、とストレスを感じる」「他者に対して『サボっているのではないか』と思ってしまう」の2項目について、どの程度当てはまるかを尋ねた。

 すると、「『サボっている』と思われているのではないか」というストレスを感じていると回答したのは20代が最も多く、44.4%に達した。30代では34.8%、40代では29.3%、50代以上では30.3%となっており、年代が低いほどストレスを感じる傾向にあることが分かった。

調査結果(出所:リリース)

 一方、「『サボっているのではないか』と思ってしまう」と回答した人は50代が最も多く、54.5%だった。40代が38.6%、30代が36.1%、20代が27.0%だった。

調査結果(出所:リリース)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -