ニュース
» 2020年11月11日 10時06分 公開

Apple Silicon搭載MacBook発表 iPhoneアプリも利用可能に

アップルは11月11日、プロセッサをインテルから自社設計の「Apple Sillion」に変更した新型Macbook Airなど、3機種を発表した。それぞれ11月17日から発売する。

[ITmedia]

 アップルは11月11日、プロセッサをインテルから自社設計の「Apple Sillion」に変更した新型Macbook Airなど、3機種を発表した。それぞれ11月17日から発売する。

 Apple Siliconとして、iPhone向けのAチップをMac向けに改良した「M1」チップを搭載する。電力あたりのパフォーマンスで、従来のPC向けプロセッサよりも高い性能を持つことが特徴。前モデルが搭載していたプロセッサに比べ、CPU性能が3.5倍、GPU性能が6倍になり、バッテリー稼働時間は2倍になるとうたう。

アップルがMac向けに設計した初めてのチップ「M1」(アップル)

 新OS「Big Sur」との組み合わせで、iPhoneやiPad向けのアプリケーションを初めてMac上で動かすことができる。

iPhoneやiPad向けのアプリケーションが初めてMac上で動作する(アップル)

デザインは変わらず

 M1チップを搭載した新型Macとして、MacBook Air、MacBook Pro、Mac miniを発表した。いずれも基本的なデザインは変わらず、ディスプレイサイズも同じ。MacBookはそれぞれわずかに厚みと重量が増した。

M1チップ搭載のMacは3機種が発表となった(アップル)

 MacBook Airは、冷却のためのファンをなくしたファンレス構造を新たに採用。CPU速度が前モデルの3.5倍にアップしたほか、M1チップの電力性能の強化により、前モデルよりも6時間長い、ビデオ再生最大18時間を実現した。価格は10万4800円(税別)から。

 MacBook Proは、CPU速度が前モデルの2.8倍にアップ、バッテリー駆動時間はビデオ再生で最大20時間まで増加した。価格は13万4800円(税別)から。またデスクトップ型のMac miniはCPUが3倍高速になった。価格は前世代から値下げし7万2800円(税別)から。

 アップルは今後2年間で、Macのプロセッサを順次Apple Siliconに置き換えていく計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -