ニュース
» 2020年11月11日 15時20分 公開

いいね、リツイートは不可:ツイッター、24時間で投稿消える新機能「フリート」実装

ツイッターが新機能「フリート」実装。24時間で投稿が消え拡散しづらい仕様に。他SNSでも既に実装されている機能。

[ITmedia]

 Twitter Japanは11月11日、投稿から24時間で消える新機能「フリート」を実装したと発表した。動画や写真、テキストなどを投稿できるが、通常のツイートにおける「いいね」や「リツイート」はできない。同社は「目の前の出来事やその時の気持ちを伝える手段」と説明している。

photo ツイッターの新機能「フリート」のイメージ

返信も限定、拡散しない仕組みに

 同社によると、ツイッターのフリート機能の正式実装は日本が初。ブラジル、イタリア、インド、韓国で先行テストを実施していた。各アカウントに順次、実装していくという。SNSの「24時間で投稿が消える」機能については、インスタグラムやフェイスブックが既にリリースしている。

 フリートでは通常のツイートと同様にテキストや写真などを投稿できるが、24時間で消えるほか、リツイートやいいねができず拡散しない仕組み。フリートの内容は自身をフォローしている人しか見ることができない。フリートに返信できるのは、DM(ダイレクトメッセージ)が開放されている相手に限られる。

photo ツイッターの新機能「フリート」のイメージ

 担当者によると、最近はツイッターの投稿時、いいねやリツイートを得るプレッシャーなどを感じるユーザーの例もあるという。「多くの人の目に触れず24時間で消えるフリートで、思っていることを気軽につぶやける」(担当者)としている。フリートで投稿した内容は、反応が良かった場合などを想定し、画像の形式で通常のツイートとして投稿することも可能となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -