3分Biz.
ニュース
» 2020年12月08日 10時12分 公開

三菱自動車、654人が希望退職へ 募集人数を上回る管理職比率の高さが課題に

三菱自動車は、11月に募集していた希望退職制度で654人が退職する予定だと発表した。募集人数は550人だった。労務費の削減などを目指す構造改革の一環。

[ITmedia]

 三菱自動車は12月7日、11月に募集していた希望退職制度で、654人が退職する予定だと発表した。中期経営計画で掲げた、労務費の削減などを目指す構造改革の一環。

三菱自動車が希望退職制度の実施と募集結果を発表(出典:三菱自動車 企業情報サイト)

 希望退職制度では、550人の退職者を募集した。対象者は、2021年3月31日時点で45歳以上60歳未満かつ勤続年数1年以上の社員、または60歳以上65歳未満の定年後再雇用者。11月16日〜30日に募集した。

 募集の結果、計画を約100人上回る654人が応募した。退職日は21年1月31日。退職者には割増退職金を支給するほか、再就職支援サービスを提供する。

希望退職制度の概要と募集結果(出典:ニュースリリース)

 割増退職金など約72億円を21年3月期で特別損失として計上する。

 労務費に関しては、過去の拡大路線で人員が大幅に増加していたことや、社員の高齢化、管理職比率の高さが課題となっていた。同社の21年3月期の連結業績見通しは、売上高が前期比34.8%減の1兆4800億円、純損益が3600億円の赤字となる予想。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -