連載
» 2020年12月09日 05時00分 公開

食の流行をたどる:ミシュランの星を獲得したタイの「屋台めし」 70代女性シェフが究極の「顧客体験」を提供できている理由 (1/5)

タイのストリートフード(屋台めし)がミシュランの星を獲得した。筆者は2019年、店舗を実際に訪れたことがある。感動のあまり涙を流してしまった「カスタマーエクスペリエンス」とは。

[有木 真理,ITmedia]

食の流行をたどる:

「レモンサワー」「一人焼き肉」「ギョーザ」「パンケーキ」「かき氷」――毎年のように新たなブームが生まれる。これらのブームの背景を、消費者のライフスタイルの変化や業界構造の変化も含め、複合的に分析していく。


 人々の胃袋を支える食の市場は、大きく分けて、内食、中食、外食の3つがある。近年、中食の成長は外食のそれを上回っており、外食は独自の価値を提供する必要に迫られていた。

 そして、コロナ禍の影響で外食産業は大打撃を受けた。結果、多くの飲食店ではテークアウトやデリバリーへの対応を迫られた。飲食店の競合は同業者ではなくなった。

 そういった中、外食のトレンドや文化を研究して発表している筆者も、改めて「外食の価値とは?」と考えるようになった。

ゴーグルがトレードマークの女性シェフ「ジェイ・ファイ」

 そんな時思い出したのは、2019年6月に訪れたタイ・バンコクの「JAY FAI RESTAURANT」(以下、ジェイ・ファイ)だ。ストリートフードで唯一ミシュランの星を獲得したレストランである。このお店こそ、正真正銘の「わざわざ行きたいレストラン」である。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -