連載
» 2020年11月30日 10時00分 公開

長浜淳之介のトレンドアンテナ:人気ステーキチェーンを超えた!? ハンバーグ専門店の「挽肉と米」と「極味や」に行列ができるワケ (1/6)

「ハンバーグ専門店」に注目が集まっている。「挽肉と米」と「極味や」が新しい食べ方を提案し、行列ができている。ステーキブームが落ち着く一方で、なぜハンバーグが支持されるのか。

[長浜淳之介,ITmedia]

 今、東京において、最も長い行列に並ばなければならない飲食店の2トップは、おそらく吉祥寺の「挽肉と米」と渋谷の「極味(きわみ)や」ではないだろうか。どちらもハンバーグの専門店である。実は、コロナ禍にあっても食のトレンドが動いており、ハンバーグがブームになってきているのだ。

行列の絶えない「挽肉と米」

 挽肉と米の人気はすさまじく、行列がさばききれなくなっているほどだ。同店は午前11時にオープンするのだが、8時30分から店の前まで行って、席を確保するために記帳しなければ入店できない。ネットや電話での予約はできない。

 吉祥寺には、「いきなり!ステーキ」、沖縄から進出したコストパーフォーマンスの高さが話題の「やっぱりステーキ」、松屋フーズ系列の人気店「ステーキ屋 松」といったように、行列ができる(または過去にできていた)ほどの著名な格安ステーキ店が集まっている。しかし、挽肉と米の爆発的な人気は、これらの店をはるかに上回っている。

「挽肉と米」のハンバーグ

 ハンバーグの台頭に対して、ステーキは後退局面に入っていると考えられる。

 極味やも負けていない。渋谷パルコ地下1階の「CHAOS KITCHEN(カオスキッチン)」と名付けられたレストラン街において1強状態であり、ピーク時には2時間待ち、3時間待ちを覚悟しなければならないほどだ。カオスキッチンには、ジェンダーフリーを表現したミックスバー、ビーガンをテーマにした居酒屋など、近未来を意識した飲食店が集まっている。非常に“攻めた”レストラン集合施設だが、こういった精鋭が集まる中で、集客的に圧勝している事実は見逃せない。

 渋谷においても、いきなり!ステーキに熱狂していた顧客が、ごっそり極味やに移っている印象を持つ。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -