連載
» 2020年12月25日 05時00分 公開

飲食店を科学する:コロナ禍でも絶好調の「焼肉きんぐ」 強さを支える「カルビ」と「包み込み戦略」とは (1/5)

コロナ禍で飲食店が苦戦している。一方、「焼肉きんぐ」の既存店売上高は前年対比123.3%と好調。強さの秘密を分析した結果は?

[三ツ井創太郎,ITmedia]

 皆さんこんにちは、飲食店コンサルタントの三ツ井創太郎です。

 外食企業の中でも、焼肉業態は比較的コロナ禍の影響が少ないといわれています。特に好調なのが、食べ放題焼肉として全国に246店舗を展開する「焼肉きんぐ」です(店舗数は2020年9月末時点)。

 運営会社が12月16日に発表した11月度における焼肉部門の売上速報を確認すると、既存店売上高は前年対比123.3%と非常に好調です。

 なぜ焼肉きんぐはコロナ禍でも好調なのか? 今回はその秘密に迫ります。

絶好調の理由は?(出所:リリース)

焼肉きんぐを運営する物語コーポレーション

 焼肉きんぐを展開しているのは、東証一部上場企業である「物語コーポレーション」(愛知県豊橋市)。現在、同社では焼肉、ラーメン、お好み焼き、寿司・しゃぶしゃぶ、海外ブランドなど529店舗を展開しています(20年6月末時点)。年商は579億円ですが、焼肉業態の売上高は300億円と51.9%を占めています。

 同社の歴史をさかのぼってみましょう。1949年、愛知県豊橋市におでん屋「酒房源氏」として創業しました。その後「しゃぶしゃぶ」「海鮮」などの業態展開を経て、95年に焼肉店1号店「焼肉一番カルビ」を開業します。1号店オープンから3年後の98年には「焼肉一番カルビ」のフランチャイズ(FC)1号店を出店。2007年には、石川県に「焼肉きんぐ」1号店を出店し、翌年にはジャスダック証券取引所に株式上場を果たします。

 その後も順調に店舗を拡大し、12年には焼肉業態100店舗を達成します。同社の焼肉業態の内訳を見てみると、焼肉きんぐがほとんどを占めているのに気付くでしょう。

焼肉業態の内訳(2020年9月30日現在) 出所:公式資料を基に筆者作成

 同社の焼肉業態は、全246店舗中39%がFC店舗となっています。FCモデルの成功も、成長をけん引しています。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -