3分Biz.
ニュース
» 2021年01月06日 12時40分 公開

離島の買い物を支援:楽天、ドローンを使った配送サービスを期間限定で提供

楽天は1月6日、自動飛行ドローンを使った配送サービスを期間限定で提供すると発表した。

[ITmedia]

 楽天は1月6日、自動飛行ドローンを使って島外のスーパーマーケットから商品を配送するサービスを三重県志摩市で提供すると発表した。期間は1月22日まで。

 配送サービスでは、ドローンが自動制御で飛行し本土から約4キロ離れた間崎島(同市)へ荷物を届ける。具体的には、三重県志摩市内のマックスバリュ鵜方店から島内の「間崎島開発総合センター」まで、往復約11キロ間を飛行する。

楽天公式Webサイト

 利用するには、配送手数料として500円(税込)が必要となる。専用のスマートフォンアプリやタブレットを使って商品を注文するほか、注文用紙を専用スキャナーで読み取って店舗に送信する方式も用意した。決済手段は、現金のほか、楽天ペイに対応する。

 商品受け取り時には、到着したドローンが自動で荷物を切り離すという。新型コロナウイル感染対策として、注文者が人を介さずに商品を受け取れるように配慮した。

ドローンを使って商品を配送(画像はイメージ)

 楽天は2020年1月に、ドローンを使った間崎島への無人配送サービスの実証実験を行い、住民のニーズの調査や、生活に合ったサービスモデルの構築、長距離配送を行う中での課題を検証してきた。今後は、自動飛行ドローンを活用した恒常的な配送サービスの実用化を目指すとしている。

三重県は「空の移動革命」を促進している(三重県公式Webサイト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -