金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年01月07日 18時03分 公開

ジャパンネット銀行のデビット利用額が月間200億円突破 年間で40%増

ジャパンネット銀行は、2020年12月の同社デビットカード「JNB Visaデビット」の月間利用額が200億円を超えたと発表した。10年2月のサービス開始から、月間利用額として過去最高となる。

[斎藤健二,ITmedia]

 ジャパンネット銀行は、2020年12月の同社デビットカード「JNB Visaデビット」の月間利用額が200億円を超えたと発表した。10年2月のサービス開始から、月間利用額として過去最高となる。

ジャパンネット銀行のJNB Visaデビット月間利用額の推移(ジャパンネット銀行)

 19年と20年の1年間を比較しても、利用額は40%増加している。ジャパンネット銀行では、コロナ禍によってキャッシュレス決済が増加したこと、マイナポイント事業への参加などを利用額増加の理由としている。

 JNB Visaデビットは業界内でも早期にサービスを開始。18年11月にはVisaのタッチ決済を標準搭載し、19年11月にはGoogle PayやGarmin Payに対応するなど先駆けた対応を進めてきた。その結果、デビット利用の中でも上位のシェアを持つ。

 国内のデビットカード全体を見ると、発行金融機関数こそ横ばいだが、決済金額は毎年20%以上のペースで増加している。日銀の取りまとめによると、19年の決済金額は1兆8287億円となっており、電子マネーの3割程度まで伸長している。

国内デビットカード決済金額の推移(日銀)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -