3分Biz.
ニュース
» 2021年01月08日 07時20分 公開

エンワールド・ジャパン調べ:コロナ禍のボーナス、外資系・グローバル企業で変化はあった?

新型コロナウイルの影響を大きく受けた2020年。外資系企業などではボーナスの支給額に変化があったのだろうか。人材紹介会社のエンワールド・ジャパンが、外資系企業と海外でもビジネスを展開する日系企業を対象にアンケートを実施した。

[ITmedia]

 新型コロナウイルの影響を大きく受けた2020年。外資系企業などではボーナスの支給額に変化があったのだろうか。人材紹介会社のエンワールド・ジャパン(東京都中央区)が、外資系企業と海外でもビジネスを展開する日系企業を対象に「コロナ禍での給与・賞与の変化」についてアンケートを実施した。

外資系・グローバル企業のボーナスは?

 「新型コロナウイルスの影響で従業員の給与カットを行いましたか」と尋ねたところ、「行っていない」との回答が87%(外資系企業:84%、日系企業:91%)で最多となり、給与カットを行った企業は全体の10%であった。また、給与カットを実施した会社にどれぐらいカットしたか尋ねると、全体で最も多いのは「1〜10%」(同:59%、40%)。日系企業では「1〜10%」「11〜20%」が同率で40%となった。

 給与の変化に対して、「全世界レベルでの昇給停止」(外資系企業/製造業・工業・自動車)、「年次昇給のフリーズ」(外資系企業/法務・コンプライアンス)、「給与カットを実施したが、その後業績が予想以上に回復したので払い戻した」 (外資系企業/医療・製薬・ライフサイエンス)、「新型コロナウイルスによる心理的不安を軽減・除去するために、給与の上積みを検討中」 (日系企業/製造業・工業・自動車)といった声があがった。

(出典:エンワールド・ジャパン「新型コロナウイルス禍での給与・賞与の変化」)

 賞与についてはどうだろうか。従業員の賞与(ボーナス)カットを行ったか尋ねると、「行っていない」が最多で72%(外資系企業:71%、日系企業:74%)となった。賞与カットを行った企業は、全体の11%(同:11%、11%)で、賞与カットを行った企業では、役職に関わらず全社員を対象に実施した企業の割合が高いことが分かった。

 賞与カットを実施した会社にどれぐらいカットしたか尋ねたところ、最も多かったのは「11〜30%」(同:19%、20%)であった。賞与に関しては、「グローバル全体での会社業績が予想を上回る結果となったので臨時の一時金を支給」(外資系企業/医療・製薬・ライフサイエンス)、「特定の評価の社員を除く社員全員の賞与をカット」(外資系企業/IT・通信)、「今期の業績次第」(日系企業/IT・通信)という声があがった。

(出典:エンワールド・ジャパン「新型コロナウイルス禍での給与・賞与の変化」)

 調査は2020年11月4〜10日にインターネットを使って実施。外資系企業と、海外でもビジネスを展開する日系企業269社から回答を得た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -