3分Biz.
ニュース
» 2021年01月12日 10時30分 公開

オリコン調べ:2度目の緊急事態宣言でコナミやエニタイムの対応に差 通常通り営業を続けるチェーンも (1/2)

政府が1都3県を対象に再発出した緊急事態宣言。前回の緊急事態宣言では、各スポーツクラブが臨時休業や営業自粛の対応をとったが今回は各社で差が出ているようだ。

[ITmedia]

 政府が1都3県を対象に再発出した緊急事態宣言。前回の緊急事態宣言では、各スポーツクラブが臨時休業や営業自粛などを行った。しかし、今回は各社で対応に大きな差が出ている。

 スポーツジム大手のセントラルスポーツ(東京都中央区)は、1都3県の営業時間を最長8時までとすると発表。コナミスポーツ(東京都品川区)も2月7日まで、営業時間を最長で午後8時までとした。また、期間限定で提供しているフィットネスの無料動画配信サービス「おうち時間でフィットネス」の配信期間を当面の間延長すると発表した。

無料動画配信サービスの配信を延長(コナミスポーツ公式Webサイト)

 ティップネス(東京都港区)でも、運営する「ティップネス」や「ティップ.クロスTOKYO」などの閉店時間を午後8時に繰り上げる。24時間営業の店舗や「FASTGYM24」では、営業時間を午前5時から午後8時までとする。会費の取り扱いについては、12日以降に公式Webサイトで発表するとしている。

ティップネス公式Webサイト

 THINKフィットネス(東京都江東区)が展開するゴールドジムは、1都3県の一部施設で営業時間を短縮する。1月12日以降スタジオ、スクール、サウナ、ラウンジの利用を午後8時までに短縮する。一方でプールや体育館を含むジム、ショップ、ロッカールームやシャワー、お風呂については午後8時以降でも利用できるとしている。また、ファストフィットネスジャパン(東京都新宿区)の「エニタイムフィットネス」は、感染拡大防止対策を徹底し、対象都県を含め、通常通り営業するとしている。

ゴールドジムは一部施設の営業時間を短縮(ゴールドジム公式Webサイト)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -