コラム
» 2021年01月20日 07時00分 公開

社員が「オフィス外」に分散して働ける環境づくり総務のための「オフィス」再考

コロナ禍では、オフィス内でのレイアウト変更、換気への配慮だけでなく、総務としては「オフィス外」のワークポイントにも気を配る必要があります。

[金英範,ITmedia]

 オフィス内でのレイアウト変更換気への配慮だけでなく、総務としては「オフィス外」のワークポイントにも気を配る必要があります。

 以下の図は、オフィススペースの戦略を立てる際の考え方を表したものです。新型コロナウイルスの感染が終息し、もともとオフィスにいた社員が全員戻ってくるとすると、オフィスレイアウトの変更は「スペース拡大=YY」をベースに考える必要がありますが、働き方改革(在宅勤務など)が一気に進んでいますので、出社する社員が減ることにより、回転率がどれくらいになるかを計算する必要があります。結果的に必要なオフィス面積(=ZZ)は下がる傾向にあります。

photo (図1)オフィススペースの戦略を検討する上での考え方=筆者作成

 その場合、本社の役割も明確にしておかなければなりません。どんな役割があるでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -