3分Biz.
ニュース
» 2021年01月22日 17時16分 公開

「ムーンライトながら」運転終了 人気夜行列車、歴史に幕東京〜大垣間

JR東日本とJR東海は、2021年春の臨時列車運転計画の中で、東京〜大垣(岐阜県)間の臨時快速「ムーンライトながら」の運転を終了すると発表した。長年親しまれてきた夜行列車がその役割を終えた。

[ITmedia]

 JR東日本とJR東海は1月22日、東京〜大垣(岐阜県)間の臨時快速「ムーンライトながら」の運転を終了すると発表した。長年親しまれてきた夜行列車がその役割を終えた。

JR東日本の185系電車。「ムーンライトながら」に使用されていた

 両社は同日、2021年春の増発・臨時列車の運転計画を公表。その中で、ムーンライトながらについて「お客さまの行動様式の変化により列車の使命が薄れてきたことに加え、使用している車両の老朽化に伴い、運転を終了いたします」と発表した。

 東京〜大垣間の夜行列車は長年「大垣夜行」と呼ばれて親しまれ、1996年に「ムーンライトながら」として設定。「青春18きっぷ」を利用した旅に人気の夜行列車となった。しかし、2009年以降は春・夏・冬の行楽シーズンに運行する臨時列車となっていた。20年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で夏以降は運行されず、春の運行が最後となった。

行動様式の変化などを理由に運転終了を発表した(出典:JR東日本ニュースリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -