3分Biz.
ニュース
» 2021年02月09日 12時36分 公開

「ミカヅキモモコ」の一部店舗が運営を継続 アパレルの在庫処分を手掛ける「shoichi」が譲受取り扱う商品のカテゴリー拡大を狙う

300円均一ショップ「ミカヅキモモコ」運営会社が破産開始手続きを開始した。大阪で在庫処分代行業を手掛けるshoichiは一部店舗を譲受すると発表した。

[ITmedia]

 アパレル企業の在庫処分などを手掛けるshoichi(大阪市)は2月9日、300円均一ショップ「ミカヅキモモコ」の一部店舗を、運営会社の三日月百子(大阪市)から譲受すると発表した。

運営会社が事業を停止(出所:ミカヅキモモコ公式Webサイト)

 ミカヅキモモコは、インテリア雑貨、ファッション雑貨、アクセサリー類などを扱っており、20〜30代の子育て世代や学生といった若年層が主たるターゲット。東京商工リサーチによると、2014年1月期には運営会社の売上高が30億円を突破していたという。しかし、同業他社との競争が激化したことで業績が悪化。運営会社の三日月百子は事業を停止し、破産手続きを開始した。

事業を譲受したshoichi(出所:shoichi公式Webサイト)

 shoichiは今回の事業譲受について、「ミカヅキモモコは雑貨商品、キャラクターグッズの取り扱いが強い。自社の取り扱い商品のカテゴリー拡大につながり、シェア向上が見込める」としている。同社は、対法人・企業に特化した在庫処分代行業を手掛ける一方、有名ブランドをセール価格で販売する「Colorsu-カラス」などを運営している。

shoichiが運営する「Colorsu-カラス」(出所:shoichi公式Webサイト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -