ニュース
» 2021年02月10日 15時10分 公開

コンカー、経費精算の次は請求書のデジタル化へ 「デジタルインボイス構想」掲げる(1/2 ページ)

クラウド型の経費精算システム大手のコンカーが、請求書のデジタル化に向けたサービスの強化にかじを切る。同社社長の三村真宗氏は、今後4年間で3倍の販売実績を目指すとし、売り上げに対する比率も現在の10%から40%まで増やす計画だ。

[斎藤健二,ITmedia]

 クラウド型の経費精算システム大手のコンカーが、請求書のデジタル化に向けたサービスの強化にかじを切る。同社社長の三村真宗氏は、今後4年間で3倍の販売実績を目指すとし、売り上げに対する比率も現在の10%から40%まで増やす計画だ。

 「デジタルインボイス構想」と名付け、「領収書のデジタル化、請求書のデジタル化。経理で発生する大きな2つのデジタル化を成し遂げる」と三村氏は意欲を示した。

SAPコンカーの三村真宗社長

 背景にあるのはコロナ禍による在宅勤務の普及だ。従来からデジタル化が進まない請求書への課題意識はあったが、現場のニーズが高かったのは紙の領収書をなくせる経費精算のほうだった。ところが、コロナ禍によって経理部門の在宅勤務を阻む要因として、紙の請求書のデジタル化にスポットライトが当たった。

コンカーによると、コロナ禍が深刻になるにつれて、請求書への関心が高まった。同社Webへの流入キーワードは、2月以降、「経費精算」を「請求書」が超えているという(コンカー)

 企業の購買プロセスにおいて、根強く紙が残っているのが請求書だ。経理部門は送られてくる紙の請求書を受け取り、システムに入力し、承認とチェックをするために出社を余儀なくされている。コンカーの調査によると、経理部門の出社のうち75%は、請求書が原因だという。

 購買先から送られてくる請求書は、紙、PDF、データなどフォーマットがバラバラで、受け取り側の企業への調査では、5割の企業が「デジタル化されている請求書は10%未満」だとしている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -