ニュース
» 2021年02月15日 13時15分 公開

ドトール、PayPay、d払いなどコード決済サービス導入 キャッシュレス比率は4割超

ドトールコーヒーは3月1日から、全国のドトールグループ店舗全1200店にて、コード決済サービスを導入すると発表した。

[ITmedia]

 ドトールコーヒーは3月1日から、全国のドトールグループ店舗全1200店にて、コード決済サービスを導入すると発表した。新たに対応するのは、「PayPay」「d払い」「楽天ペイ」「au PAY」「メルペイ」「QUOカードPay」「ゆうちょPay」「アリペイ」「WeChat Pay」の9種類。

新たに対応するコード決済サービス(ドトール)

 同社は、ハウスプリペイドカード「ドトール バリューカード」の導入を皮切りに、交通系電子マネー、クレジットカード、非接触型電子マネーでの決済を可能にしてきた。すでにグループ店舗でのキャッシュレス決済比率は、政府が掲げる4割を超過しているという。今回、9種類のコード決済サービスを導入することで、その比率はさらに拡大する見込み。

 同社グループ店舗には、ドトールコーヒーショップのほか、エクセルシオールカフェ、カフェレクセルがある。

各種決済方法に対応する。クレジットカードの中でも、タッチ決済に対応していることが目を引く

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -