連載
» 2021年02月26日 05時00分 公開

スシロー、成長戦略のカギは「キャンペーン」と「特大エビフライ」!? コロナ後を見据えた布石とは飲食店を科学する(1/4 ページ)

コロナ禍で、今後の成長戦略をどう描くか悩む経営者は多い。筆者はスシローにそのヒントがあると考える。「業態と商圏」「既存と新規」という軸で見ていくと……。

[三ツ井創太郎,ITmedia]

 皆さんこんにちは、飲食店コンサルタントの三ツ井創太郎です。

 先日、大手回転寿司チェーン「スシロー」を展開するスシローグローバルホールディングス(HD)が、2021年9月期第1四半期(20年10〜12月)の連結決算(国際会計基準)を発表しました。

キャンペーンを連発するスシロー(出所:リリース)

 コロナ禍で多くの外食企業が苦戦を強いられています。一方、同社の売上高は595億2900万円(前年同期比6.8%増)、営業利益は70億800万円(同44.9%増)で、好業績を維持しています。

 1回目の緊急事態宣言が明けた20年6月〜21年1月の業績を見ていくと、新店舗も含めた全店売上高は対前年比で101.8%となっており、100%を割り込んでいるのは20年8月だけです。さらにもう少し細かく数値を分析すると、客数は88.9%、客単価は108.6%で、客単価の上昇が業績に大きく寄与していることが分かります。

スシローの月次売上高前年対比

 コロナ禍という未曽有の状況の中で、今後の経営戦略をどう立案すべきか悩んでいる経営者の方も多いかと思います。今回はスシローの取り組みをケーススタディーとして、アフター&ウィズコロナにおける成長戦略の考え方を学んでいきたいと思います。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -