3分Biz.
ニュース
» 2021年03月25日 15時49分 公開

帝国ホテル東京、建て替えを正式発表 三井不動産と共同事業で負担軽減総事業費は約2000億〜2500億円

帝国ホテルが「帝国ホテル東京」を建て替える方針を発表。三井不動産との共同事業として行う。

[ITmedia]

 帝国ホテルは3月25日、「帝国ホテル東京」を建て替える方針を発表した。総事業費は約2000億〜2500億円を見込む。敷地の一部を三井不動産に譲渡し、両社の共同事業として行うことで、財務負担を軽減する。

photo 帝国ホテル東京の公式サイトより

 建て替えの対象になるのは、本館とタワー館、駐車場ビル(延床面積合計23万9780平方メートル)。新本館は2031〜36年度、新タワー館は24〜30年度に建て替えを行う。

 現在の本館は竣工から50年を迎えており、タワー館も竣工から38年が経過している。老朽化が進む中、同社は「アフターコロナを見据えた将来性のある企業価値向上への取り組みとして、建て替えを決定した」という。

photo 建て替えの対象になるのは、本館とタワー館、駐車場ビル=帝国ホテルの発表より

 同日、帝国ホテルが発表した2021年3月期(20年4月〜21年3月)通期の連結業績予想は、売上高が前期比61%減の217億円、営業損益が121億円の赤字(前期は31億円の黒字)、純損益が148億円の赤字(同24億円の黒字)。

 帝国ホテル東京の建て替え関連損失として特別損失20億700万円を計上。また、収益性が低下している帝国ホテル大阪について、「帳簿価額を将来にわたり回収する可能性がない」と判断し、減損損失として特別損失10億5000万円を計上する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -