3分Biz.
ニュース
» 2021年02月01日 13時25分 公開

帝国ホテル、月額36万円で「ホテルに住む」サブスク発表 食事や洗濯も定額

帝国ホテルは新規事業として「サービスアパートメント」の開始を発表した。

[ITmedia]

 帝国ホテルは2月1日、新規事業として「サービスアパートメント」の開始を発表した。帝国ホテル東京の一部を改修し、99室を同サービス用に割り当てる。2月1日から公式サイトで予約受付を開始。まずは3月15日から7月15日までの期間を対象とする。

phot 帝国ホテルは新規事業として「サービスアパートメント」の開始を発表(以下リリースより)

 価格は約30平方メートルのスタジオタイプで月額36万円(税・サービス料込、以下同)。短期滞在にも対応し、5泊15万円から利用可能とする。他にも、約34平方メートル+36平方メートルのコネクティングスタジオ(月額72万円)、約50平方メートルのプレミアスタジオ(月額60万円)のプランを用意した。

phot 価格は約30平方メートルのスタジオタイプで月額36万円(税・サービス料込)

 改修したアパートメントフロアには、共同利用スペースの「コミュニティルーム」を新たに設置。朝食を無料で提供するほか、洗濯乾燥機や電子レンジなどを自由に利用できるようにする。

 また、ルームサービスによる食事を月額6万円、ランドリーサービスを月額3万円のサブスクリプション方式で提供する。

phot 改修したアパートメントフロアには、共同利用スペースの「コミュニティルーム」を新たに設置。朝食を無料で提供するほか、洗濯乾燥機や電子レンジなどを自由に利用できる

 コロナ禍による外出自粛の影響からホテルの稼働率は低迷が続いており、ホテル業界は早急な事業の立て直しが求められている。帝国ホテルは今回の試みを通して、経営者などを中心とした第2の仕事場としてのニーズを狙う。また、法人のBCP(事業継続計画)対策や、富裕層のセカンドハウスとしての需要を見込む。

phot ルームサービスによる食事を月額6万円、ランドリーサービスを月額3万円のサブスクリプション方式で提供

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -