ニュース
» 2019年06月27日 19時20分 公開

「トップ30社平均」は東京都最低賃金の5.4倍:上場企業の「想定時給」ランキング、3位三井物産、2位三菱商事 8000円超えで「ぶっちぎり1位」になったのは……?

上場企業の「想定時給」ランキング……。3位三井物産、2位三菱商事に続き「ぶっちぎり1位」になったのは……?

[ITmedia]

 就職・転職向け企業リサーチサイトを運営する「OpenWork」(Vorkersから名称変更)を運営するオープンワークは6月17日、「上場企業の時給ランキング2019」を発表した。

phot 上場企業で“時給”が高かったのは?(写真提供:ゲッティイメージズ)

 上場企業の有価証券報告書とサイトに投稿されたデータを基に、残業時間も含めた労働時間から想定される上場企業各社(一定数の投稿があった2179社)の「時給」を算出した。このランキングで「時給」と示されている数値は、上場企業が公表している有価証券報告書に掲載された社員の平均年収を、各社の標準労働時間、OpenWorkに投稿された月間の平均残業時間データから算出した年間勤務時間で割った金額だ。残業時間についてはあくまで同サイトに「投稿」されたものであることに留意されたい。

phot

トップ3は三井物産、三菱商事と続いて……

 1位は「キーエンス」で8037円。2位の三菱商事(7035円)に1000円以上の差を付けた。3位は三井物産(6634円)、4位は伊藤忠商事(6478円)と商社が続き、5位は三菱地所(6055円)だった。

phot 上場企業の時給ランキング10位まで(以下、オープンワークのWebサイトより)

時給8037円! 圧倒的1位のキーエンスとは

 1位のキーエンスは工場の自動化に必要な各種センサー、測定機器などの開発から製造、販売を手掛ける企業だ。トップ30位以内で唯一の平均年収2000万円超であり、決して少なくない平均残業時間(61.5時間。同サイトへの投稿に基づき算出)であっても、唯一8000円台を突破。18年の7083円からさらに上がったことで、商社を押さえて初のトップとなっている。同サイトへの投稿には以下の評価が寄せられている。

 「ランク制。給料の半分以上が賞与である。そのため、会社の景気の良さが給料に大きく影響する。4半期に1回仕事の頑張りが評価される会があり、その評価は賞与に反映される。客観的に自分を評価する機会にもなるので、評価も納得感がある。世間で言われてる通りの高収入を得ることはできる。(開発、男性、キーエンス、年収1100万円)」

トップ10に総合商社が5社ランクイン

 また、トップ10には総合商社5社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事)が入った。主な評価は以下の通り。

 「終身雇用を前提とした日系企業の中では、最高レベルの待遇と言えると思う。駐在した場合には更に諸手当が付き収入が2倍になることも珍しくない。昇進してもしなくても、ある程度は年功序列で収入が上がっていき、純粋な収入面では大きな差が付かないシステムになっている。(営業、女性、三菱商事、年収1700万円)」

 「年功序列で決定しています。20代は急激に上昇し、30歳になる頃にはほぼ全員が大台に乗るはずです。日本でもトップクラスの待遇だと思います。(経理、男性、三井物産、年収1200万円)」

 「世間で知られている通り、額面での給与水準は、国内でもトップクラスであることは間違いない。ただし、他商社との横並び意識や関係取引先も多数にのぼることから外資系投資銀行などのように著しく高い給与水準となることはない。最近では、早朝出勤に伴う朝食補助、勤務時の服装(脱スーツ)、がんに対する取り組みなどいわゆる給与以外の点に対してのサポートを厚くしている。(管理部門、男性、伊藤忠商事、年収1300万円)」

 トップ30社のうち15社が時給5000円を超えた。また、トップ30社の平均時給も5363円となり、東京都の最低賃金(985円)の5.4倍になっている。

phot ランキング11位から21位まで
phot ランキング22位から30位まで

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia 総力特集