金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年04月05日 10時01分 公開

PayPay銀行スタート アプリATMにも対応で「スマホで日本一使われる銀行目指す」

PayPay銀行が4月5日、ジャパンネット銀行から社名を変更し営業を開始した。PayPayとの連携を強化し、「スマホで日本一使われる銀行を目指す」としている。

[斎藤健二,ITmedia]

 PayPay銀行が4月5日、ジャパンネット銀行から社名を変更し営業を開始した。PayPayとの連携を強化し、「スマホで日本一使われる銀行を目指す」としている。

名称だけでなくページデザインが変わり、URLも変更になることから、フィッシングサイトに注意するよう、促している

 Zホールディングスは、ヤフー傘下にあった金融事業の「PayPay」ブランドへの統合を進めている。すでにOne Tap BUYがPayPay証券に名称変更しており、各社のブランド変更を通してシナジーを訴求する狙いだ。

 キャッシュカードやトークン、トークンアプリは従来のものをそのまま使用する。銀行コードや支店名、支店番号、口座番号なども変わらない。サイトのURLは、主要ページを「paypay-bank.co.jp」に変更した。4月5日以降、順次、すべてのページを「japannetbank.co.jp」から切り替えていく。

アプリATMに対応

 従来のスマホアプリもアップデートし、デザインを刷新した。また新機能として、アプリをキャッシュカード代わりにしてセブン銀行ATMで現金を入出金できるアプリATMに対応する。アプリATMは、auじぶん銀行、住信SBIネット銀行などが対応しており、採用が広がっている。

アプリを使い、セブン銀行ATMから入出金、カードローンの借り入れと返済が行える。これによって、新規口座申し込みから口座開設、ATM利用まで、スマホ完結で最短即日に利用できるようになった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -