金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年04月05日 10時30分 公開

楽天証券のマネーブリッジ、米国株対応

楽天証券は4月4日注文分から、「マネーブリッジ」の自動入出金機能が米国株式にも対応したと発表した。円貨決済の米国株購入時に、自動的に楽天銀行から資金を移動して買い付けを行える。

[斎藤健二,ITmedia]

 楽天証券は4月4日注文分から、「マネーブリッジ」の自動入出金機能が米国株式にも対応したと発表した。円貨決済の米国株購入時に、自動的に楽天銀行から資金を移動して買い付けを行える。

楽天証券と楽天銀行のマネーブリッジのイメージ(楽天証券)

 併せて、証券口座内の日本円と米ドルの両替サービスの提供時間も拡大した。午前8時から翌午前6時まで両替可能になった。

 マネーブリッジは、2021年1月末時点で200万人以上が利用する楽天証券と楽天銀行の口座連携サービス。株式や投信の買い付け時に自動的に銀行から資金が移動し、売却後の資金は自動的に銀行口座に移動する。利用者には楽天銀行の普通預金口座の金利として0.1%の優遇金利を提供している。

 米国株は昨今急速に人気が拡大。20年には前年同月と比べて、楽天証券での取引件数が30倍に伸びた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -