金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年01月09日 10時58分 公開

楽天証券、米国株取引件数30倍、取引人数は15倍に

楽天証券では米国株の取引が大きく伸びた。19年1月と12月の比較では、取引件数は30倍に、取引人数は15倍に増加した。6月時点では、前年同期比で取引件数が17倍に増加したとしており、米国株の人気が継続していることが分かる。

[斎藤健二,ITmedia]

 楽天証券の楠雄治社長は1月9日に行った同社主催の講演会で、楽天証券の2020年のハイライトについて話した。

楽天証券の楠雄治社長

 米国株の取引が大きく伸びた。19年1月と20年12月の比較では、取引件数は30倍に、取引人数は15倍に増加した。6月時点では、取引件数が前年同期比で17倍に増加したとしており、米国株の人気が継続していることが分かる。

【訂正:初出で「20年1月と12月」の比較としていましたが、正しくは「19年1月と20年12月」の比較です。お詫びし、訂正させていただきます。】

 「米国株取引が伸びた1年だった。(米ハイテク企業の)GAFAが強い。またズームやテスラの売買が非常に活況だ」(楠社長)

米国株取引が急増した(楽天証券)

 また、ドコモ口座事件などを受けてセキュリティの強化を進めていく。携帯にSMSでワンタイムキーを送る二要素認証を本格的に導入していくとした。「業界ではセキュリティのガイドラインを策定しているが、より最新の動向に目をこらしながら、楽天証券では先端のものを入れてより安全な環境を提供したい」(楠社長)

すでに一部に導入している二要素認証を広げ、セキュリティ対策を進める(楽天証券)

 また口座数は12月に500万口座を超え、オンライン証券トップのSBI証券に迫る(記事参照)。オリコンが実施した顧客満足度ランキングでも、ネット証券部門で初の1位を獲得し、「幅広いユーザーを含めて評価をいただいた」(楠社長)と振り返った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -