金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2020年09月15日 09時47分 公開

楽天証券、手数料を優遇する「大口優遇」の達成条件を大幅に緩和 達成で手数料0円も

楽天証券は9月28日から、国内株式手数料を優遇する「大口優遇」について達成条件を大幅に緩和する。条件を達成すると、その後の3カ月間、株式の取引手数料が10万円まで0円になったり、信用取引手数料が0円になるなどの優遇が受けられる。

[斎藤健二,ITmedia]

 楽天証券は9月28日から、国内株式手数料を優遇する「大口優遇」について達成条件を大幅に緩和する。条件を達成すると、その後の3カ月間、株式の取引手数料が10万円まで0円になったり、信用取引手数料が0円になるなどの優遇が受けられる。

 各証券会社は、大口の利用者向けに手数料が優遇される仕組みを用意しており、中でも楽天証券は比較的達成しやすいといわれていた。今回、例えば1日の信用取引額が5000万円以上だった条件を、3000万円に引き下げることで、さらに達成が容易になる。

大口優遇の達成条件は、従来の6割の額に緩和される

 手数料無料化の流れがある中、未だ売買手数料は証券会社の大きな収益源だ。楽天証券は、大口優遇の対象となるユーザーを広げることで、実質的に売買手数料を引き下げつつ、優良な顧客を囲い込む狙いがあると見られる。

大口優遇を受けると、信用取引手数料が無料になるほか株式取引手数料も優遇される。また手数料の2%をポイントで受け取れる(通常は1%)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -